歯を失った方へ

歯を失った時の選択肢

う3つの選択肢があります。
当クリニックはすべての方法を取り扱っていますので、患者さんの要望に沿って治療を提供することが可能です。
どの方法にもメリットとデメリットがありますから、それぞれの違いを丁寧に説明いたします。
ご自身のライフスタイルに合わせて選択ができます。

入れ歯・ブリッジ・インプラントの比較

入れ歯

入れ歯について

歯を失った時の手段として、一番初めに思い浮かぶのは入れ歯(義歯)ではないでしょうか。入れ歯(義歯)には、さまざまな種類があり、当クリニックでは、部分入れ歯から総入れ歯まで患者さんのお口に合った入れ歯(義歯)を作製いたします。保険診療、自費診療のどちらでも作製することが可能で、自費診療では、金属を扱わないものや、よりお口にフィットした入れ歯を作製することができます。入れ歯(義歯)をご希望の方は、まずは歯科医師が相談に乗りますので、お気軽にご連絡ください。

入れ歯のメリット・デメリット

Merit

メリット

  • 治療期間が比較的短く済みます
  • 保険診療の入れ歯なら費用を抑えることができます

Demerit

デメリット

  • 噛む力は他の方法より弱い場合があります
  • 残存歯や歯ぐきに負担をかけることがあります
  • 総入れ歯は口の中を覆う面積が広く、食べ物の温度を感じにくいです
  • 違和感や異物感があります

入れ歯の費用

レジン床義歯

¥110,000~165,000

Co-Cr床

¥165,000~275,000

チタン床

¥330,000~440,000

白金加金床

¥880,000~1,100,000

ノンクラスプデンチャー

¥220,000~330,000

※治療費はすべて税込み価格です

ブリッジ

ブリッジについて

ブリッジは失った歯の両隣の歯を削って、欠損部を補うアーチ状の被せ物を装着する方法です。両隣の歯が欠損部を支えるほど健全でないと適用できません。健康な歯を削らないと装着できない点をデメリットと捉えることもあります。

ブリッジのメリット・デメリット

Merit

メリット

  • 入れ歯のようにズレたり外れたりしません
  • 保険適用の素材なら費用が安く済みます/li>
  • インプラントのように手術する必要はありません

Demerit

デメリット

  • 補う歯の両隣を削るので、健康な歯の寿命を縮めます
  • 保険の範囲で行う場合銀歯や樹脂で作ります
  • ブリッジ部分と歯ぐきの間に食べ物が詰まります

ブリッジの費用

ゴールドブリッジ

1歯 ¥60,500~99,000

ハイブリッドレジン前装ブリッジ

1歯 ¥121,000

メタルボンドブリッジ

1歯 ¥132,000

e.maxブリッジ

1歯 ¥88,000

ジルコニアボンドブリッジ

1歯 ¥121,000

ジルプレスブリッジ

1歯 ¥143,000

TUMブリッジ

1歯 ¥66,000~77,000

※治療費はすべて税込み価格です

インプラント

インプラントとは

歯を失った時の対応策の一つで、あごの骨にチタン合金の人工歯根を埋め込む手術を行います。その上にセラミックなどで作った人工歯を装着するので、仕上がりが天然歯のように美しい特徴があります。また、あごの力を直接伝えるので、入れ歯のようにズレませんし、入れ歯では噛めない硬いものなどを食べることもできます。ブリッジのように周囲の歯を削る必要がないこと、部分入れ歯のように周囲の歯にバネをかける必要がないことも大きな特徴です。

インプラントのメリット・デメリット

Merit

メリット

  • 残存歯に負担をかけません
  • 噛む力が強く天然歯のように噛むことができます
  • ずれたり外れたりしません
  • 仕上がりが美しく見た目の違和感がありません

Demerit

デメリット

  • 費用負担は他の方法より大きいです
  • 治療期間が数ヶ月に及びます
  • 治療後に定期的なメインテナンスが必要です

インプラントの費用

手術

¥275,000(1歯)

上部構造

¥132,000~220,000(1歯)

※治療費はすべて税込み価格です

ネット予約受付中

ページトップへ戻る