審美治療

審美治療とは

「審美」という言葉から、過度に見た目に特化した治療を想像する人もいるでしょう。
しかし当クリニックは、外観の美しさに加えて、「機能美」や「健康美」も踏まえた審美治療を提供しています。
保険診療は最低限の機能回復を目的としており、多くの人が少ない負担で診療を受けられるメリットはありますが、
見た目や耐久性は追求されておらず、健康面で不安を感じるものもあります。
保険診療の枠を超えれば、いろいろな制限がないことから、美しさに加えて機能や健康への配慮もできますから、
審美治療は見た目だけでない大きな価値を持つ治療だと言えます。

セラミック治療

セラミック治療とは

セラミック治療は、保険診療で作るものより美しさや耐久性などを備えた詰め物・被せ物を提供することができます。一口にセラミックと言ってもさまざまな素材があり、美しいなかでも特に透明感があって自然な見た目が得られるものや、硬さを追求したもの、意図的に硬すぎないように作られたものもあります。保険診療の銀歯は、見た目が気になる、金属アレルギーのリスクを避けたいという人はぜひ当クリニックにご相談ください。

セラミック治療のメリット・デメリット

Merit

メリット

  • セラミックは変色が無く、汚れが付きにくい特徴があります
  • 周囲の歯と違和感のない色合いに仕上げることができます
  • 対合歯に負担をかけない特徴があり、あごにも優しい素材です
  • 金属アレルギーのリスクがありません

Demerit

デメリット

  • 強い力や衝撃がかかると割れたり欠けたりすることがあります
  • 金属の土台に被せることはできません
  • 仮付けで状態を確認することはできません

当クリニックの取り扱い種類

ハイブリッドセラミック

レジンと呼ばれる、医療用のプラスチックとセラミックを混合して作られた素材です。全体がセラミックで作られたものより費用負担を抑えられる点が大きなメリットです。セラミックを含むのである程度の美しさがありますが、強度的にはオールセラミックやジルコニアに比べると劣ります。

インレー

¥33,000

アンレー

¥49,500

クラウン

¥55,000

※治療費はすべて税込み価格です

ジルコニア

人工ダイヤモンドに使用されるほどの硬さと、透明感がある美しさが特徴です。強い衝撃で折れたり欠けたりすることはありますが、硬度が高いので強い力がかかる奥歯にも向いています。

インレー

¥44,000

アンレー

¥55,000

クラウン

¥66,000~77,000

※治療費はすべて税込み価格です

金合金

ハイブリッドレジンやセラミックスを組み合わせた被せ物(ハイブリッド前装クラウン、メタルボンドクラウン)もあり、様々な状況に対応できる汎用性の高い素材です。金の色合いにより、使用する箇所によっては、口を開けた時に被せ物が目立つこともあり、審美性には欠けます。

インレー

¥44,000

アンレー

¥55,000

クラウン

¥99,000~121,000

※治療費はすべて税込み価格です

e.max

e.maxは、セラミックにガラス素材をプラスしたものです。従来のセラミックスに比べ適合精度が高く、高い強度と審美性を兼ね備えている材料です。しかし、強い衝撃には弱く強い力が加わる部位にはおすすめできないこともあります。また強度と審美性を出すために金属と比べ歯を削る量が多くなります。

インレー

¥49,500

アンレー

¥71,500

クラウン

¥88,000~143,000

ラミネートべニア

¥27,500~71,500

※治療費はすべて税込み価格です

TUM

TUMとは、スーパーエンジニアリングプラスチック(スーパーエンプラ)に属する素材です。非常に粘りがあり柔らかいため、残すことが難しいような弱い歯に使用するとその歯を守ることができます。半面、長期的に使用するとすり減るため穴が開いたり割れたりしてしまうリスクもあります。またガム等の粘着性の高い食材がくっつきやすい為注意が必要です。

インレー

¥38,500

アンレー

¥49,500

クラウン

¥66,000~77,000

※治療費はすべて税込み価格です

ホワイトニング

ホワイトニングは薬液の作用で化学的に歯を白くする施術で、色素を分解して本来の歯の色より白くすることもできます。
歯を削って被せ物などを装着する治療とは異なり、歯に負担をかけずに白さを得られるメリットがあります。
当クリニックではオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2種類を扱っています。

歯が黄ばむ原因とは?

人間の歯は、食べ物や飲み物に含まれる着色成分や、加齢などの作用で歯が黄ばんでいきます。もう少し詳しく説明すると、食べ物や飲み物に含まれるポリフェノールと、歯面の成分に含まれるたんぱく質が化合するとステインという歯に着色する成分が生まれます。また、喫煙する人はたばこのヤニによっても汚れが蓄積します。ポリフェノールはワインやカレー、コーヒーやチョコレート、紅茶などに多く含まれています。

ホームホワイトニング

患者さんの歯に合わせて作ったトレーに、ホワイトニング剤を塗って歯に装着することで歯を白くしていきます。患者さん自身が施術するので、場所や時間を選ばないメリットがあります。また、色戻りしてきてもホワイトニング剤を買い足せば再開できます。オフィスホワイトニングより色戻りがしにくいので白さが長持ちしますし、知覚過敏も起きにくいのも大きな利点です。

ホームホワイトニングのメリット・デメリット

Merit

メリット

  • 施術の時間と場所が選択できます
  • オフィスホワイトニングより色戻りしにくいです
  • 刺激が弱いです
  • 透明感があります

Demerit

デメリット

  • オフィスホワイトニングより時間がかかります
  • 知覚過敏が起こることもあります
  • 歯の形状が変わったらマウスピースは再作製が必要です

ホームホワイトニングの費用

全顎(上下顎)

¥22,000

※別途クリーニング(フッ素塗布なし)

¥8,800

※治療費はすべて税込み価格です

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは歯科医院で行う施術です。歯科医院の管理下で行うので濃度が高い薬液が使えること、光照射で作用を促進して比較的早く白さを実感できることなどが特徴です。そのため、直近に結婚式などのイベントを控えた人などに向いています。また、ホームホワイトニングのように自分で施術するわけではないので、プロの施術の方が安心して取り組めると思う人、通院が苦にならない人に向いています。

オフィスホワイトニングのメリット・デメリット

Merit

メリット

  • 白さを得るまでの期間が早いです
  • プロが施術するので安心感があります
  • 施術前の検査で虫歯や歯周病を発見できます

Demerit

デメリット

  • ホームホワイトニングより色戻りが早いです
  • 薬液の濃度が高いのでしみる場合があります
  • 色戻りが早い場合があります

オフィスホワイトニングの費用

1歯

¥11,000

~6歯

¥16,500

~12歯

¥22,000

~18歯

¥27,500

~28歯

¥44,000

※別途クリーニング(フッ素塗布なし)

¥8,800

※治療費はすべて税込み価格です

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する方法です。オフィスホワイトニングの即効性を利用して、まずある程度白くしてから、その後ホームホワイトニングでじっくり透明感のある白さを深めていきます。素早く白くできる上に、色戻りもしにくいです。

デュアルホワイトニングの費用

デュアルホワイトニング

ホームホワイトニングの費用 + オフィスホワイトニングの費用

ネット予約受付中

ページトップへ戻る